-

23時までの勤務だった。今日はバスで出勤したのでバスで帰らねばならない。この時間にバスで帰るのは久々だ。バス停まで歩き時間を確認すると、23時以降のバスがない!「廃止か?!」と思ったが少し待った。「最終近いから結構乗車してる人も多かったよな」という気持ちもあった。でもいつも来る筈の時間になっても来ないので、少しずつ徒歩にて帰宅する気持ちをかためながら、何度も振り返り振り返りしながら歩き始めた。
もう戻れない、次のバス停まで走っても間に合わない位の場所で、バスは来て、そして僕を追い越して行った。
次のバスを待つ間、この日記を書いているのだ。
[PR]
by coyanmahsakimoto | 2011-06-17 23:43
<< ヘチマのつる(祖母邸) 再会 >>